検索

岩瀬龍太&熊谷俊之 itodo duo リサイタル2022、予約受付開始です。

更新日:4月17日

※本演奏会は終了しました


クラリネットの岩瀬龍太、ギターの熊谷俊之によって2015年に結成されたデュオ、"itodo"(イトド)が2018年8月以来、およそ3年半ぶりに帰ってきます。

曲目は、itodo初披露となる近年再評価著しいウィーンの作曲家F・レバイによる大作「ソナタ ニ短調(クラリネットとギターのための)」、itodoの名刺代わりとも言えるM・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」、F・プーランク「ノヴェレッテ第3番」、その他を予定しています。

クラリネットとギターが紡ぐ、あたたかくどこか懐かしい音楽をどうぞご堪能ください。本ページ一番下の「ご予約はこちらから」よりお申し込み頂けます。皆様のご来場をお待ちしております。

※本公演は一旦、会場定員の50%(70名)を上限としてご予約を承ります。ただし、今後の新型コロナウイルス感染症の流行状況を見たうえで、公演日の3週間ほど前より定員の50%を超えてご予約を承る可能性がございます。


<2月28日演奏予定曲目追加しました>

・クラリネットとギターのためのソナタ ニ短調(F・レバイ)

・亡き王女のためのパヴァーヌ(M・ラヴェル)

・ノヴェレッテ第3番(F・プーランク)

・「恋は魔術師」より、きつね火の歌、魔法の輪、火祭りの踊り(M・デ・ファリャ)

(以上、デュオ)

・ドビュッシー讃歌(M・デ・ファリャ)

・歌と踊り第1番(A・ルイス・ピポー)

(以上、ギターソロ)

ほか










0件のコメント